THE IDOLM@STERとは-プロデューサーさんっ!SSですよ、SS!
THE IDOLM@STERとは
  • バンダイナムコゲームス(旧ナムコ)より発売されているゲームシリーズである。
    元々アーケード用のシミレーションゲームであったが、家庭用ゲーム機であるXbox360やPS3やDS等でも発売された。
    また、根強い人気のおかげで各媒体でも多数展開しており、PROJECT IM@Sと呼ばれるマルチメディア展開が行われている。

    ゲームの内容はプレイヤーがプロデューサーとなり、
    アイドルと一緒に限られた期間で営業、レッスン、オーディションを行いトップアイドルへと目指すゲームである。

  • アイドル


    天海春香 (CV:中村繪里子)


    とにかく可愛くて優しいけどちょっとおっちょこちょいな正統派アイドル。
    頭のリボンがトレードマークで基本的に「どこにでもいそうな女の子」
    中の人の影響のせいなのかアイマスSSやアイマス動画等では腹黒いキャラになることが多い
    作中での名台詞「プロデューサーさん!ドームですよ、ドーム!」はもはやアイドルマスターを象徴する台詞といえる。
    天海春香の担当プロデューサーは私です。


    如月千早 (CV:今井麻美)


    性格は真面目で冷静だが、歌に関しては異常なまでの執着を見せることがある。
    その真面目すぎる性格が災いして、周囲と壁を作ってしまっている。
    中の人の影響のせいなのかアイマスSSやアイマス動画ではやよいに対して変態的な行動をするのが特徴。
    Googleで「胸囲」と検索。


    萩原雪歩 (CV:長谷優里奈→浅倉杏美(アイドルマスター2~))


    非常にネガティブな心配症で気弱な上に後ろ向きな性格。
    それを変える為にトップアイドルを目指している。しかし何事にも臆病ですぐ泣いてしまう。
    「穴を掘って埋まってますぅ」の台詞とともに、本当に地面に穴を掘って埋まる癖がある。
    アイマスSSやアイマス動画では萩原組は何故か裏社会を牛耳る組織になっていたりするが、実際は建設、土木工事関係の組織である。
    アーケード版アイドルマスター時代の人気投票ではダントツの人気を誇る


    高槻やよい (CV:仁後真耶子)


    6人兄弟姉妹(妹1人・弟4人)の長女で弟妹の面倒見はとても良いが、「自分も甘える事のできる兄の様な人が欲しい」と心のどこかで願っている。
    また父親の仕事が安定しない上に大家族な為、貧乏である。そのため節約やバーゲンセール等の情報に詳しい。
    「ハイ、ターッチ!」やお辞儀の際に両手を後ろに跳ね上げる仕草や「うっうー」という口癖が特徴的である。
    アイマスSSやアイマス動画では、やよいと伊織のカップリング通称「やよいおり」が多い


    秋月律子 (CV:若林直美)


    愛称は「りっちゃん」
    冷静沈着で頭が切れる眼鏡っ娘。元々は事務員として働いていたが、人手不足により候補生の1人にされた。
    デビュー後も、アイドル業と並行して事務の仕事を続けていたが、アイドルマスター2ではアイドルを引退してプロデューサーになる
    性格は勝気で、はっきりした物言いをする。根性論や精神論を嫌い、理論や理屈を優先し、合理性を重んじている。また、自分の気持ちを素直に表現することは苦手で、挑発に乗りやすい欠点もある。
    私服姿がローソンの制服のような服装であった為かローソンの名誉店長に就任する。


    三浦あずさ (CV:たかはし智秋)


    765プロのアイドルの中では最年長でスタイルも良く、歌唱力も頭一つ抜けているが天然でおっとりしている典型的な癒し系である。
    プロデューサーは彼女に対してのみ「さん」付けで呼び、敬語で話す。
    壊滅的な方向音痴で、ただの散歩が常識的にありえない場所への遠足となってしまうこともあり、宇宙に行った事もある。
    アイドルマスター2では竜宮小町に在籍している為、プロデュースは出来ない
    アイマス動画では「あずさ、真、千早」のガチトリオでのガチMADが非常に多い。
    歌唱力が高いのに何故かゲームではビジュアル型として扱われている。
    ちなみに天海春香ちゃんは何故かボーカル型である


    菊地真 (CV:平田宏美)


    ボーイッシュな少女。「凛々しい顔立ち」「運動神経抜群」「スレンダーな体格」「ハスキーボイス」といった特徴から美少年系アイドルとして売り出され、ゲーム中では男性より女性ファンが多い。
    本人はもっと女の子らしくなること望んでおり、少女漫画や可愛い服を好む。
    しかし本人は自分の好きなものと自分の対外的イメージが違うことを理解しており、一応表向きは隠している。
    アイマスSSやアイマス動画では脳筋や男キャラ物が多いが「まこまこりん♪」「きゃるるん」を聴けば皆は悶絶する。


    水瀬伊織 (CV:釘宮理恵)


    愛称は「いおりん」「デコちゃん」
    対外的には可愛らしく小悪魔的に振る舞っているが演技であり、プロデューサー(プレイヤー)や他のアイドルの前ではわがままで高飛車な本性を顕わにする。
    内面的には細やかで思いやりがあり、気遣いなどもかなりできる方だが、それを表に出すことはほとんどないため、ツンデレと言われる。
    アイドルマスター2では竜宮小町に在籍している為、プロデュースは出来ない。
    アイマスSSやアイマス動画でもツッコミ役やデレデレキャラに徹している作品が多い


    双海亜美 (CV:下田麻美)


    双子の姉、双海真美の妹である。
    真美と共に悪戯好きだが悪気はなく、無邪気。亜美は主に暖色系の服を着て、髪を向かって左側で結んでいる。
    これ以外では見分けることが至難なため、髪型を変えられると親しい人でも判らなくなる。
    なお一部のプロデューサーからは「えっちで可愛いのが亜美」「可愛くてエッチなのが真美」で見分けている。
    アイドルマスター2では竜宮小町に在籍している為、プロデュースは出来ない。
    アイマスSSだと真美に比べて少し幼く書かれている事が多い


    双海真美 (CV:下田麻美)


    基本的なプロフィールは亜美とほぼ同じだが、亜美とは対照的に主に寒色系の服を着て、髪を向かって右側で結んでいる。
    また亜美と比べて少し我慢強く、声が若干低い等の違いがある。
    アイマスSSやアイマス動画では思春期キャラとして登場する事が多い


    星井美希 (CV:長谷川明子)


    Xbox 360版から追加された新キャラクターで、同作のメインヒロイン的存在。
    1日に20人以上もの男子から告白される程のカリスマ性を持つ。他のアイドルたちと違い、金髪に染めてアホ毛が一本生えている。
    天才肌で歌もダンスも卒なくこなすが面倒くさがり屋で飽きっぽく、とことんマイペースな性格。
    しかし恋愛においては一途であり、意中の人への好意を隠さず、ひたすら尽くすタイプ。口癖は、「あふぅ(あくび)」「…なの」。
    好物は「おにぎり」。これは星井美希の声を担当している声優の長谷川明子さんの好物から来ている。
    二次創作では美希と伊織の「みきいお」。美希と律子の「みきりつ」。美希と真の「みきまこ」。美希と真と雪歩の「修羅場トリオ」が多い


    四条貴音 (CV:原由実)


    アイドルマスターSPでは961プロに在籍していたがアイドルマスターDSから765プロに在籍している。
    穏やかながらも威厳のある立ち振る舞いがまさに「銀色の王女」と称えられる新人アイドル。
    「なにやつ!」「面妖な!」等の時代がかった古風な物言いも特徴。目上の人物を呼ぶときには「~殿」、目下の者には親しい仲の場合を除き必ずフルネームで呼びかける。
    外来語等の片仮名言葉には馴染みがないらしく、シャンプーを「しゃんぷぅ」、ラーメンを「らあめん」(初出はらーめん)と表現をする。
    テレビアニメ版では、TV出演で気に入ったカエルの着ぐるみを持ち帰ろうとするなど、コミカルな姿を見せることも多い。食欲旺盛な描写も多く、特にラーメンに対しては並々ならぬこだわりを見せている。
    また、公式プロフィール以外の素性や経歴は一切不明とされるため、劇中のネットやマスコミでは、「どこかの王族」「実は宇宙人」という説(渋澤記者曰く「バカ話」)も浮上しているとされる。
    好物は「らあめん」。これも星井美希の好物である「おにぎり」と同様に四条貴音の声を担当している原由実さんの好物から来ている.
    そして偶然にも誕生日まで同じである。
    双子の双海姉妹からは「お姫ちん」と呼ばれている。


    我那覇響 (CV:沼倉愛美)


    アイドルマスターSPでは961プロに在籍していたがアイドルマスターDSから765プロに在籍している。
    沖縄から上京してきたアイドルで少し能天気な性格
    動物が大好きで、ハムスターのハム蔵と、蛇のへび香、シマリスのシマ男、オウムのオウ助と、うさぎのうさ江、ねこのねこ吉、ワニのワニ子、豚のブタ太、犬のいぬ美、モモンガのモモ次郎を飼っている。
    一人称は「自分」で、語尾は「だぞ」。「だぞー」と語尾を延ばす事もあり、「はいさい!」と沖縄弁(琉球語・うちなーぐち)で挨拶をする。
    響の口癖である「なんくるないさー!」
    またダンス型であり、アイドルマスター2では真を抜いてダンス最強キャラとして注目される。
    アイマスSSやアイマス動画では、ぼっちキャラや体が獣臭いという不名誉なレスやコメントが多いが実際は違う。
  • HOME
  • Wikipedia、ニコニコ大百科抜粋